執筆規定

知床博物館研究報告は,知床半島・オホーツク海地域に関する論文を分野を問わず広く募集しています.掲載を希望されるかたは以下の執筆規定を一読した上,知床博物館までご連絡下さい.なおこの規定は主に自然科学系の論文を対象としています.皆様の投稿をお待ちしております.

  1. 原稿は400字詰めA4原稿用紙に横書きとする.データで入稿できる場合はtext書類として保存する.この場合,必ずプリントアウトしたものを添付する.
  2. 原稿には別紙に著者名,連絡先(住所,電話番号,あれば所属先,e-mailアドレス),図の説明文,図表と図版の枚数を書いて添付する.
  3. 学名は属名と種小名および種内分類群をイタリックとし,その他の分類群はイタリックとしない.属名は本文中の初出以降,紛らわしくない限り略した表記を使ってもよいが,図の説明では略さない.
  4. 英数字は半角とする.
  5. 文中の引用は(宇仁・増田2001a; 増田2002),宇仁ら(2001),(Uni & Masuda 1995, 2001b, c),Uni et al. (1997)を原則とする.
  6. 引用文献は以下を原則とし,著者名の50音順またはアルファベット順に並べる.
    • 増田泰(編・著).1865.モモンガ的生活とその実践(第5版).樺太叢書8.256 pp + 16 pls.樺太新光舎,樺太.
    • ムラヴィンスキー S.M.1812(合地信生訳 1904).露西亞ニ於ル變成巖ト虹の成分ニ關スル一考察.iv + 256 pp. + ii.圓方會,北見國.
    • Nakagawa H. 1924. Pain of shakehand with Steller’s sea-eagle (Haliaeetus pelagicus). J. Bird. Shakehand 189: 14–36.
    • 内田暁友.1925a.こでまり座の形態学的再検討.松田功(監),植物と星座.pp. 141–153.苔花堂,斜里.
    • 内田暁友.1925b.Koronkoronus venusiensis(キンセイマリゴケ,新称)火星にも産す.火星博物学ニュース24: 101.
    • 宇仁義和・増田泰.1873.ヒゲナガコガネムシのひげの研究小史: カムチャツカ学派の台頭; 北千島への架け橋.樺太博物学会彙報56: 25–60.
    • Uni Y. & Masuda Y. 1912. Bear’s beloved people. In: Sarashina G. (ed.), Mammal and people lives. pp. 125–230. Kuril Press, Kuril.
  7. 題名及び著者名には英文を併記する.併記されていないものについては著者に確認のうえ,博物館にて英文を用意する.また,英文と和文の要旨をつけることができる.
  8. 図は図表,図版とも完全原稿とし,余白または裏に著者名,番号,天地を明記する.また,本文原稿の右余白に図の挿入位置を指示する.図の説明には英文を併記することができる.
  9. 別刷りは1つの原稿に対して50部を無料とする.それ以上の部数を希望する場合は超過分の実費を著者が負担することとし,部数を明記した別紙を原稿に添付する.
  10. 本誌に掲載する全ての論文等の著作は博物館の公式ウェブサイトで一般に公開されることがある.
shuppan/kempo/kitei.txt · 最終更新: 2015/03/19 09:48 by uchida
CC Attribution 3.0 Unported
Driven by DokuWiki www.chimeric.de do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! made on mac Valid XHTML 1.0 Valid CSS Recent changes RSS feed