チャシコツ岬上遺跡

チャシコツ岬上遺跡

 サハリン・北海道・千島列島などオホーツク海沿岸部に広く分布したオホーツク文化終末期を中心とする拠点的集落遺跡である。知床半島南西端から海に突き出た標高55mの岬状を呈する海岸段丘上に、8~9世紀にわたって31棟の竪穴(たてあな)建物や墓、廃棄場等の遺構が密集して営まれた。出土遺物からは、オホーツク海に広く生息する海獣の狩猟や漁労を主な生業とする、海洋適応民としてのオホーツク文化の内容が詳しく明らかになっている。

また、古代律令国家で用いられた神功開寶(じんぐうかいほう)が出土するなど、隣接地域集団を介した本州側との交流があったことが判明した。竪穴建物にはヒグマ骨塚を持つものがあり、独自の動物儀礼が存在したことが示され、動物をかたどった骨偶や木製品の存在には、動物に対する信仰を中心とした世界観があったことがうかがわれる。オホーツク文化はやがて在地の擦文(さつもん)文化と融合し、地域性の強いトビニタイ文化を形成するが、チャシコツ岬上遺跡では一部にトビニタイ文化期の遺構が認められることから、この文化変容の具体的な様相を知ることもできる。このように、チャシコツ岬上遺跡は、本州に古代律令国家が栄えた時代の日本列島北辺域における古代文化の実態を知る上で、極めて重要な遺跡である。

※遺跡は急な崖の上部にあり危険です。遺跡の保存と活用方法は今後検討してゆきますので、当面の間立ち入りはご遠慮ください。

名称チャシコツ岬上遺跡 \\ちゃしこつみさきうえいせき
種別史跡
指定2019(平成31)年2月26日
場所北海道斜里郡斜里町ウトロ西
管理団体斜里町
指定範囲5274.25㎡

参考文献:シンポジウム講演要旨集「オホーツク文化と古代日本」

shizen_rekishi/bunkazai/chashikotsu.txt · 最終更新: 2019/12/12 09:58 by hirakochi
CC Attribution 3.0 Unported
Driven by DokuWiki www.chimeric.de do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! made on mac Valid XHTML 1.0 Valid CSS Recent changes RSS feed