差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

calendar:calendar [2020/01/08 14:30]
kawahara
calendar:calendar [2020/09/01 11:39] (現在)
kawahara
ライン 6: ライン 6:
参加無料と書かれているものを除き、高校生以上200円、中学生以下無料です。お問合わせは知床博物館まで(tel 0152-23-1256) 参加無料と書かれているものを除き、高校生以上200円、中学生以下無料です。お問合わせは知床博物館まで(tel 0152-23-1256)
 +
 +====9月====
 +===博物館講座「北海道の石でキーホルダーを作ろう」===
 +黒曜石、ジャスパー、ヒスイをみがいてオリジナルのキーホルダーを作ってみましょう。
 +  * 日時:9月12日(土)(1)10:00~11:30(2)13:00~14:30 (各4名)要申込
 +  * 参加費:大人400円(材料費含む)、中学生以下と協力会員無料
 +  * 服装等:汚れても良い服装、事前に爪を切っておいてください。
 +  * 講師:合地学芸員
 +===観察会「浜小清水〜能取岬の地質観察会」===
 +浜小清水の鳴き砂、ポンモイの柱状節理、網走市街の貝化石、能取岬の海食台などを観察します。網走郷土博物館の特別展「オホーツク海のはなし」も見学する予定です。
 +  * 日時:9月13日(日)9:00〜15:00(7名) 要申込
 +  * 集合場所:博物館前(小雨決行)
 +  * 参加費:200円(協力会員無料)
 +  * 持ち物等:昼食、雨具、長靴、
 +===早朝草取りボランティア===
 +毎月10日は早朝の草取りボランティアです。よろしくお願いいたします。
 +  * 日時:9月10日(木)6:00〜7:00
 +  * 場所:博物館裏高山植物園
 +  * 雨天中止
 +
 +====8月====
 +===はた織りの会作品展===
 + はた織り会のメンバーの皆さんが、工夫をこらしてつくった作品の展示会です。
 +  * 会期:8月2日(日)〜8月30日(日)
 +  * 場所:交流記念館ロビー
 +  * 本展示のみの観覧は無料です。
 +===夏休み体験講座===
 + 斜里町在住の子供達を対象に夏休み体験講座を開催します。お申し込みは知床博物館までお願い致します。
 +
 +**(1)川の生き物観察会**
 +  * 日時:8月2日(日)9:00〜12:00(増水時中止)
 +  * 定員:7名(小学3年生〜中学3年生)要申込み
 +  * 服装等:長袖、長ズボン、長目の靴下、帽子、タオル、着替え、飲み物
 +  * 講師:斜里川を考える会
 +**(2)アンモナイトレプリカを作ろう**
 +  * 日時:8月4日(火)9:00〜11:30
 +  * 定員:10名(小中学生)要申込み
 +  * 講師:合地信生学芸員
 +**(3)斜里の魚をさばいて食べよう**
 +  * 日時:8月5日(水)9:00〜12:00(雨天時は室内)
 +  * 定員:10名(小学4年〜中学3年)要申込み
 +  * 服装等:汚れてもよい服、軍手、帽子、飲み物
 +  * 講師:阿部公男社会教育主事
 +===観察会「ペルセウス座流星群を見よう!」===
 +多くの流星が流れることで有名なペルセウス座流星群を観察します。あわせて夏の星座を探したり、望遠鏡で木星、土星も見たりします。
 +  * 日時:8月12日(水)20:00〜21:00(悪天中止)
 +  * 定員:15名(小中学生は保護者の送迎をお願いします)、要申込み
 +  * 集合場所:博物館前庭
 +  * 講師:合地信生学芸員
 +===早朝草取りボランティア===
 +毎月10日は早朝草取りボランティアです。よろしくお願い致します。
 +  * 日時:8月10日(月・祝)6:00〜7:00※雨天中止
 +  * 場所:博物館裏高山植物園
 +====7月====
 +===古代オホーツクの旅ーチャシコツ岬上遺跡を歩くー===
 +チャシコツ岬上遺跡はオホーツク人文化終末期(8-9 世紀)の遺跡として、昨年2月に国史跡に指定されました。指定後初めての見学会です。
 +  * 日 時:7月12日(日)10:00〜 11:00
 +  * 集合場所:ウトロ道の駅正面
 +  * 定員:15名(小学3年生以上)
 +  * 持ち物:動きやすい服装、軍手、 帽子、マスク
 +  * 担当:平河内学芸員
 +  * 要申し込み、参加無料
 +  * 急斜面を登りますので、体力に自信のない方は事前にご相談下さい。
 +===早朝草取りボランティア===
 +お手伝いをして頂ける方はどうぞ宜しくお願いいたします。
 +  * 日時:7月10日(金)6:00〜7:00
 +  * 知床博物館野外観察園集合
 +  * 雨天中止
 +====6月====
 +===北方民族博物館移動展「サハリンアイヌの衣装」===
 +北海道立北方民族博物館が所蔵する資料のなかから、サハリンアイヌの衣服とはちまきやバッグなどの小物を展示します。サハリンアイヌの衣服はデザインや色合いが華やかなのが特徴です。今回の展示には、かつて網走にあった北方少数民族資料館ジャッカ・ドフニの旧蔵資料も含まれます。
 +  * 会期:6月14日(日)〜7月15日(水)
 +  * 会場:交流記念館ホール
 +  * 移動展のみの観覧は無料です。
 +===収蔵資料展示「昭和中期のレコードプレーヤー」===
 +10枚のレコードを自動で連続して再生できる演奏機のほか、歌詞カード、歌本、ペナントを展示します。 昭和の時代にヒットした名曲の歌詞カードのデザインをお楽しみください。
 +  * 会 期:9月中頃まで
 +  * 会場:博物館本館受付
 +  * 本展示のみの観覧は無料です。
 +===早朝草取りボランティア===
 +お手伝いをして頂ける方はどうぞ宜しくお願いいたします。
 +  * 日時:6月10日(水)6:00〜7:00
 +  * 知床博物館野外観察園集合
 +  * 雨天中止
 +====4月・5月====
 +===収蔵資料展示「しゃりの昭和の包装箱」===
 +昭和時代に斜里駅で販売されていた弁当の包み箱、駅前商店街のお菓子箱、朝日町にあった三井製酪工場のバター箱などを展示します。当時の街並みの写真とともに斜里町の昔の風景をご紹介します。
 +  * 会期:5月10日(日)まで
 +  * 会場:博物館本館受付前
 +  * 本展示のみの観覧は無料です。
 +===北方民族博物館移動展「サハリンアイヌの衣服」===
 +北海道立北方民族博物館が所蔵する資料のなかから、サハリンアイヌの衣服とはちまきやバッグなどの小物を展示します。サハリンアイヌの衣服はデザインや色合いが華やかなのが特徴です。今回の展示には、かつて網走にあった北方少数民族資料館ジャッカ・ドフニの旧蔵資料も含まれます。
 +  * 会期:<del>4月29日(水)〜5月31日(日)</del>
 +  * 会場:交流記念館ホール
 +  * 移動展のみの観覧は無料です。
 +====3月====
 +===会員バスツアー===
 +白滝ジオパーク交流センター(遠軽町埋蔵文化財センター)を見学します。日本最大の黒曜石の産地として、旧石器時代から人々の生活を支えてきた場所です。
 +  * 日時:<del>3月22日(日)8:00〜16:30</del>
 +===ワークショップ「タヌキの体を調べよう」===
 +交通事故などで博物館に収容されたタヌキの死がい調査を体験します。体の各部の長さを測ったり、 研究用サンプルを採取したりします。また、おなかを開いて内臓を観察し、骨格標本作成のための除肉作業を体験します。
 +  * 日時:<del>3 月 28 日(土)10:00〜15:00(昼に1時間休憩)</del>
 +  * 場所:交流記念館実習室
 +  * 参加対象:小学4年生以上※このワークショップでは動物のおなかを開きます。途中退室は可能ですが、苦手な方はご注意ください。
 +  * 参加費:高校生以上200円(協力会員無料)
 +  * 定員:15名(要申込み)
 +  * 持ち物:汚れてもよい服装、昼食・飲み物(外出しても結構です)
 +===講演会「狸雑学—昔から人の近くで暮らしてきた動物」===
 +「けものへんにさと」と書くタヌキ。 昔から日本人の身近に住んでいる動物です。どんなものを食べているの? 苦手なものはあるの? 外国にもいるの?子どもはどうやって育てるの?本当に人をばかすの?狸の島である四国からやってきたタヌキ博士が、その疑問に答えます!
 +  * 日時:<del>3 月 28 日(土)18:00〜 19:30(要申込み)</del>
 +  * 会場:知床博物館2F映像展示室
 +  * 講師:谷地森秀二(横倉山自然の森博物館)
 +===博物館講座「小型天体望遠鏡の組立と月の観察」===
 +天体望遠鏡の仕組みを勉強しながら口径4cm、倍率35倍の小型天体望遠鏡を組み立て、月のクレーターを観察します。組み立てた天体望遠鏡はお持ち帰りできます。家でも観察してください。
 +  * 日時:<del>3 月 29 日(日)16:00〜18:00</del>
 +  * 場所:交流記念館実習室
 +  * 参加者:5名(小学生以上、要申込)
 +  * 参加費:高校生以上200円(協力会員無料)
 +  * 持ち物:寒くない服装
 +  * 講師:合地 信生(学芸員)
 +====2月====
 +===ロビー展「大地からのメッセージー野生の生命の記録」===
 +斜里および北海道内を中心に、自然やそこでたくましく生きる野生の動植物の写真と動画、そして知床に住む 野生動物の骨格標本を展示します。 これらは朱円在住の能勢峰・理恵夫妻による作品です。夫妻からは「自然が大好きで、斜里に移住して約10年になります。その間たくさんの野山を散策し、懸命に生きる命の輝きに心から魅了されてきました。自然との出会いは一期一会。いつも新たな発見と感動をもらっています。いま、同じ時を生きる彼らのことにも思いを馳せていただけたらうれしいです。」とコメントが寄せられています。
 +  * 会期:2月2日(日)〜4月19日(日)
 +  * 会場:交流記念館ロビー
 +  * 観覧無料
 +===流氷の結晶観察会===
 +流氷はどのようにして海で作られたのでしょうか?つららや湖の氷との違いは?前浜で流氷をノコギリで切り、硬さを体験します。また電熱器の熱で薄くしてから偏光板で結晶の様子を観察します。雪の結晶のレプリカも顕微鏡で見ます。
 +  * 日時:<del>2月29日(土)9:30〜11:30</del>
 +  * 場所:博物館集合、解散
 +  * 定員:7名(小学生以上、要申込み)
 +  * 参加費:高校生以上200円(協力会会員無料)
 +  * 持ち物:長靴、寒くない服装
 +  * 講師:合地信生(学芸員)
====1月==== ====1月====
===ミュージアムカフェ「国後島訪問記」=== ===ミュージアムカフェ「国後島訪問記」===
ライン 830: ライン 964:
  * 観覧無料!   * 観覧無料!
-======+
====4月==== ====4月====
calendar/calendar.1578461455.txt.gz · 最終更新: 2020/01/08 14:30 by kawahara
CC Attribution 3.0 Unported
Driven by DokuWiki www.chimeric.de do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! made on mac Valid XHTML 1.0 Valid CSS Recent changes RSS feed